星空ラマン OFFICIALサイト

不定期コラム



『バースデーセッションライブ!』
桜が花開き、美しい日本の景色を眺めながら稽古場のまわりを散策しました。
私は四月生まれで、小さいころから桜を見ると特別な感情が湧きます。
自分がこの世に生を受けたこと、今こうして沢山の人に支えられて生きていること、桜を見るたびに「現実に生きているんだ!」と涙が溢れます。
毎年、自分の誕生日には、自分が生きている証としてイベントを主催しています。
今年も、私の大好きな方たちに囲まれて素敵な音楽パーティーになりますように。

2015-04-07 ふえこ



『バースデーセッションライブ!』
ほんわりと暖かい日差しが入ってくるとき、あなたの篠笛はどんな音色を奏でますか?
私は天気が良く小鳥がさえずっているときほど、篠笛が良くなっている気がします。
その時々の感情で生きている瞬間の音を刻むことが出来るのが、竹笛の魅力ではないでしょうか?
是非本当の竹の魅力を知り、これからの人生に活かしてください。

4月27日に私の誕生日と合わせてセッションライブを開催します。
篠笛教室心音舎はもちろん、いつもお世話になっている方たちにもご協力いただいて開催する運びとなりました。
老若男女いろんな方が楽しめますので、是非一緒に音楽の一時を楽しみませんか。
特設ページはこちら。

2015-03-23 ふえこ
 




『みえない音の世界』
つい先日、弘法さんの朝市でカブトムシの幼虫が売っていました。
実家に住んでいる頃は毎年秋になるとせっせとカブトムシの幼虫を育て、翌年夏ころに沢山のカブトムシを成虫にしてました。
昆虫も今思えば耳が聴こえるとは思えないのですが、笛の音には何か反応しているのを感じました。 皆さんも篠笛を夏の山の中やホタルの沢などで吹くと面白いことがたくさん起きます。
是非、色々な場所でわくわくしながら吹いてみてくださいね。

2014-01-20 ふえこ
 




『篠笛と出逢った私の変化』
私は小さいころからオカリナが大好きでした。
初めて自分のお小遣いで買った楽器がオカリナでした。
その頃、大好きな相棒、セキセイインコのピコちゃんと会話がしたくて「ホーホー」訳もわからず吹いてました。
今思えば、人間の言葉よりも鳥の言葉が好きだったのかもしれません。
現在はオカリナから篠笛に楽器が変わりましたが、篠笛もオカリナと同じく呼吸を通してメッセージを伝えられるものだとつくづく感じます。

2013-05-25 ふえこ