米津宏美のお悩み相談
◇篠笛にはどんな種類がありますか?

大きく分けて、唄用(調律管) 古典調(お囃子用) ドレミ調(平均律) があります。

お稽古では『唄用 六もしくは七本調子』を使用します。篠笛をお持ちの方は、初回レッスン時にひとまずお持ちくださいませ。

◇レッスン内容はどんな事をやりますか?

はじめに基本になる旋律を吹きます。(音だし)習う曲の口唱歌を一緒に唱えます。

講師が一度、見本を見せて質疑応答していきます。次回までの『達成したい目標』を決め、次回までの方針を立てます。

◇音楽が全く初めてで、楽譜が読めません。それでも上達出来るでしょうか?

洋楽器など、多くの楽器で主流となる『五線譜』は大変便利&有効ですが『篠笛に慣れるまで』最初の頃は日本古来の数字譜を使用いた します。

指孔の数を現しているので、簡単に理解する事ができます。上級者まで進むと、日本曲以外に、クラシック、JAZZなども演奏可能です。

◇高い音が出ません。どうすれば出せますか?

まず、横笛に慣れてない方は低い音(呂音)を大きく&深みのあるハッキリとした音色になるよう心がけます。 普段では用いない呼吸が要になります。

◇低い音が出ないんです~(;o;)

あまり力づくで勢いよく吹くと、高い音しか出ません。 横笛=息を吹き込むという概念を正しく理解しましょう。

◇篠笛ポップスなど、人気曲などの楽譜などはありませんか?

最近は大手楽器店やネットでも購入出来るようになりましたが、まだまだ他の和楽器に比べ充実はしてません。

当会では、自宅でも活用できる一曲毎のCD教材(楽譜、デモ演奏、ワンポイント付き)も各レベルに応じご用意しております。

関連事業リンク

心音舎 お問合せ先

  • Tel/Fax 052-265-6429
  • E-mail shinonsha@gmail.com
お稽古お問合せはこちら